1. ホーム
  2. 子どもにかこつけて、イイモノ買ってみた
  3. 自宅で手軽にろくろ体験「ろくろ倶楽部」
子どもにかこつけて、イイモノ買ってみた

第3回 自宅で手軽にろくろ体験「ろくろ倶楽部」

レポートする人:大沼パパ(37歳・会社員)
レポートされる人:空君(9歳小3)・心君(7歳・小1)

待望の品GET!

手に入れました!自宅で焼き物『ろくろ倶楽部』
イェ〜イ!!

じつはコレ、子供達がまだ幼稚園生の時、ママから「まだ早いわよ!」と却下された品物。
でももう、二人とも小学生だから、大丈夫なはず。
さぁ、お楽しみ!

うんうん。子供達もわくわく顔。

いい感じだ!

え?!
説明書を読んでいると、
「対象年齢:15歳以上」の文字が・・・???
不吉な予感・・・
まぁいいっか・・・

とりあえず組み立てて〜〜

作業開始

床汚さないように大判のシートは必需品・・・と

さぁ!!子供たちよ、父は粘土を切り分けるぞ!

ちょうど三等分入りね!

う〜〜〜〜ん・・・

一番の難関がしょっぱなから登場

粘土をこねる・こねる・こねる・・・
水を足して

父の偉大さをここでアピール
みんなの分も
こねる・こねる・こねる・・・

ろくろは一台・・・
ということは

一人ずつしか出来ないということか

では、初めは次男坊から

う〜〜〜ん、パワーが必要みたいだなぁ

ろくろの回転で粘土も動くし、次男も動くと・・・

ついには立ち上がって作業ね

じゃないと、肝心のお茶を入れる部分のクボミができないのね

続いて長男

さすがに次男を見ていてコツをつかんでいるのか

様になっているような

そして最後は私の番だ

長男があっさり出来上がり
ここで、父らしくお手本となるような素晴らしい物をと思ってはみたものの・・・

別の作品を作る予定が・・・見事、子供達と同じく、湯呑になってしまった

土台と粘土をはがす道具も付いている!!

じゃぁ〜〜〜〜ん!完成!!!

結局

湯呑が三っつ!

長い道のり

ここまでなんと6時間!

恐るべし『ろくろ倶楽部』
おもちゃなんて侮ってはいられなかった

あとに残ったのは
ママに叱られそうな残骸

くれぐれもシートは必要だね

さぁ、これから自然乾燥一回目

半生状態になるまで乾かすとのこと・・・

でも・・・
冬で乾燥していたから半日でOKだったよ

夜、想い想いの装飾をする皆

次男はなにやらキャラクターを彫っている様子

父は高台(こうだい・器の底の輪の部分)を整えて
プロっぽい仕上げに

十日後

さらに、陽の当たらない所で十日間
これが自然乾燥2回目

白っぽい色になって
完全に乾いたぞ

仕上げは
家庭用オーブンで35分

どうか焼いている途中で割れませんように・・・

じゃ〜〜〜ん!!!

へ〜〜い、お待ち!

無事に焼きあがりぃ!

仕上げに
冷めたら「うわぐすり」なる物を塗り塗り

内側と飲み口だけね

大丈夫かぁ?

たれてるぞ!

上部を塗って乾かして

うわぐすりは2回に分けて塗るのがコツなのか・・・

更に下部と底面を塗り塗り・・・塗り塗り

丸一日乾かして、完全に2回目のうわぐすりが乾いたら

更に同じ事を繰り返す・・・っと・・・

2回に分けて塗るんだっけね!

塗り忘れがあると、そこから水が滲みて湯呑として使えないからね
慎重に塗るぞ・・・塗り塗り塗り塗り・・・

う〜〜〜ん、
焼いたままより艶がでていい感じだぞ!

そして、また乾くまで

陽の当たらない所で自然乾燥・・・っと

翌日

丸一日経つとぉっ

おぉぉ!!!

見事完成!!!!!!

どうだった?

楽しかったなぁ!

う〜〜〜ん♪

自分達で作った湯呑で飲むお茶はうまいなぁぁ!

評価

さすが15歳以上推奨だけあって、考えていた通り大人が楽しむことが出来る道具。
しかも小学生の子供だけではちょっと出来ない体験で、パパの力が無いと最後まで辿り着けない・・・
日頃忙しい私と子供が、何週間も一緒になって一つの事を完成させるって、なかなか無いこと。
子供達が私と一緒に動くので、ママにもちょっとは自由時間をプレゼントできたかな?
えっ!!サポートが大変で一人で自由になんて出来なかったって?!
いいじゃない・・・。子供の笑顔が楽しかった事を表してるよね。

商品情報【商品情報】商品名:ろくろ倶楽部 価格:10,500円(税込) ※単一電池×4個(別売) 発売元 :タカラトミー パパの満足度★★★★.5 子どもにかこつけ成功度★★★★★

戻る
このページのTopへ