1. ホーム
  2. パパ建築士の部屋
  3. 三井ホームのモデルハウス

子育てをがんばるパパを応援する住まい 三井ホームのモデルハウス

「子育てを楽しみたい」。
「もっと子どもと関わりたい」。
今どきのパパは、限られた子育ての時間をとても大切に考えています。
三井ホームのモデルハウスは、そんなパパと子どもが豊かなコミュニケーションを生みだす“きっかけ”をたくさん用意しています。家族が楽しく集える共有スペースはもちろん、たとえ一緒に何かをしていなくてもお互いの気配でコミュニケートできる。または、お互いの視線で会話ができる。
そばにいるだけで成立する“理想の家族空間”をご覧ください。



※平面図は駒沢公園第2モデルハウスのものです。

Do-Common 家族がつながる大空間

暮らしの中心に従来型のリビングではなく、家族のアクティブな共有スペース「Do-Common」をレイアウトしました。
家族が食事をする団らんの場として。または子どもがお絵かきをしたり、パパに宿題を聞いたりできる場所として。さらにお友だちと遊んだり、ママの料理のお手伝いをするスペースとして。
さらに、家族が自然に集まり、目的によっていろいろな組み合わせを楽しめるフレキシブルな空間です。中央のキャスター付き2ピーステーブルが、家族のさまざまな生活シーンを演出します。

Family Library パパと子どものプライベート図書館

「Do-Common」の一角に、ライブラリーとソファースペースをしつらえた「Family Library」があります。
壁につくりつけた本棚に子どもの本を並べて、中央にかわいいソファをセットすれば、パパと子どもの読み聞かせスペースが誕生。食事が終わった後、楽しい雰囲気のままに、パパと子どもたちが座って絵本を読むひとときを演出します。食事の後片付けをしているママも、パパの本を読む声と子どもの笑い声に、ついつい笑顔になることでしょう。
家族の時間を豊かに育める、コンパクトだけど贅沢なスペースです。

Papa's Station 家族の気配を感じられる、パパのお城

従来の書斎と違い、共有スペース「Do-Common」とつなげることで、常に家族の姿や声を感じられます。仕事や趣味などパパがひとつのことに熱中している姿が、自然と子どもの目に留まり、大きな刺激になることでしょう。
いつでも父子がふれあえる程よい距離感が特長の、家族みんなに開かれた書斎です。

And more さまざまな工夫で、子育て安心

ほかにも、パパの子育てに適したスペースやアイデアがいっぱいです。
例えば、庭で遊ぶ子どもを見ながら、太陽の下でくつろげるガーデン「Cove」。
子どもと静かに映画を観たり、音楽を聴いたりできる落ち着いた空間「Be-Common」。小さなときはつなげて広々、大きくなったら分けて個室に。
家族構成にあわせて変化する「KID's Room」。
子どもの成長記録として、家族の思い出を飾れる「Gallery」など…。

三井ホームのモデルハウスは、常に家族のコミュニケーションを意識したさまざまな工夫を用意して、皆さまの子育てを応援します。


〈東京〉駒沢公園第2モデルハウス 詳しくはこちら 〈長野〉佐久平モデルハウス 詳しくはこちら
戻る
このページのTopへ
Do-Common Do-Common Family Library PaPa’s Station