1. ホーム
  2. パパの語らい
  3. 第5回「遊び×家」
パパの語らい

第5回
「遊び×家」

第5回のテーマは「遊べる家」。パパと子どもとの遊びは、たとえ家の中でも、ダイナミックなものとなるようです。意外な家での遊び方から、自分の子どものころの遊びの思い出まで、パパたちも童心に返って話題が広がっていきました。

家での定番の遊びは?

──みなさんのお子さんは、家のどんなところで遊んでいますか?

小ア小ア
押入れでは、よく遊んでますね。いまだに。
安藤安藤
押入れは好きですよね。
小ア小ア
昨日、下の子が押入れで寝てましたよ(笑)。
安藤安藤
あと押入れの上からジャンプしたり。布団全部出されちゃって、大変なんだけど(笑)。
奥平奥平
うちの子はまだ2歳にならないけど、布団を全部倒して、そこにドーンと落ちて遊んだりしてますね。布団サーキットって呼んで、僕も子どもにつきあって跳んだりしてますよ(笑)。
福田福田
子どもが13歳と12歳なんですけどね、昨日遊ぼうって言われたので、「じゃあ、かくれんぼしようか」って、冗談で言ってみたんですよ。そんな子どもっぽいことしないって言うかと思ったら、やってみようってなって、すごく困ってしまいました。
一同一同
福田福田
そうしたら、下の子が狭い洗面所の通路を壁伝いに上がっていたんですよ。これ、大人は気づかないですよね。
奥平奥平
えっ、上にいるんですか?
福田福田
そうです。クモみたいに。まるでスパイダーマンですよ(笑)。
田中田中
うちの子も、まだ家の中でかくれんぼやってますよ。押入れの天袋によく隠れるんだけど、積もり積もったほこりと一緒に出てくるでしょ。そうするとね、家が大変なことになる。
一同一同
田中田中
あとビー玉とかコマをやるかなぁ。板の間じゃないとできないから、廊下でよく遊んでますね。本当はコマを教えるなら、外でやりたいんだけど。
安藤安藤
昔の外遊びが今はみんな家の中になっちゃったからね。外で遊んでこいって言いたいけど、今はいろいろ危ないから。
小ア小ア
我が家は庭が子どもとのいい遊び場ですね。ザリガニがいて、メダカがいて、カブトムシの幼虫がいて・・軽くペットショップですね(笑)。あとはトスバッティングしたり、ふたがついた砂場を置いてるので、砂遊びもしますね。
奥平奥平
子どもができるまでは、洗濯を干すぐらいしか庭を使ってなかったんですけど、最近はびしょびしょになるのを覚悟で子どもと花に水をやったりしますね。
西村西村
でも、やり出すと楽しいんですよね。
田中田中
庭って大事ですよね。うちの庭は広くないけど、玄関出てすぐのところに私道があって、車が絶対入ってこない。上の子が小さい時は、壁にボールを蹴ったりして結構暗くなるまで遊んでましたよ。冬になると、凍った路面をすべって遊んだりして、ちょうどいいアスレチック場になってた。
西村西村
昔はそういう外で遊べるところ、多かったですよね。

遊びの成果をうまく飾る法

──ほかにはどんな遊びをしてますか?

小ア小ア
和室の物を全部どかして、プラレールを1週間とかやりますよ。
安藤安藤
小崎家は豪快ですね(笑)。
福田福田
プラレールって、近所の飽きた子どもからもらったりするから、知らぬ間に増えちゃうんですよね。
小ア小ア
そうそう、我が家には6畳いっぱいになるくらいありますよ(笑)。
田中田中
女の子って、どんな遊びするの?
福田福田
こえだちゃんとか、ドールハウスとかでしょうかね。
奥平奥平
男性が趣味の部屋が欲しいっていうのと同じで、子どもも遊び部屋ってあったら喜ぶんでしょうね。
小ア小ア
だけど、それだけだったら、寂しいんですよ。子ども部屋で好きに遊んだらいいんですけど、気がついたらリビングに来てる。作ったものを見てもらいたいし、一緒に遊びたいからだと思うんですけどね。
福田福田
男の子は収集癖があるから、フィギュアを集めて並べたりしますよね。
小ア小ア
作ったものとか、置いときますね。あと絵はよく飾りますね。玄関の靴箱の上とかに。
福田福田
学校から学期末が終わると持って帰ってきますよね、絵とか粘土のかたまりとか・・。
飾るというか、もうゴミの山みたいになってますよ。
一同一同
田中田中
あれ、どんどん増えるんですよね。
安藤安藤
捨てられないんだよなぁ。
田中田中
うちの子は物忘れが激しいから、こっそり捨てちゃったりしてたね(笑)。
一同一同
小ア小ア
そういうものは、全部子ども部屋。一番下の子も、宝物は自分の箱の中に入れさせて、リビングには何も置かないようにしてます。
福田福田
最初のお父さんの方針が美しいといいですよね。
奥平奥平
僕はまだそういう子どもの作ったものが新鮮だから、飾ろうと思ってるんですけど・・。
安藤安藤
うちはトイレにね、家族の写真とか子どもの昔の絵を貼ってますよ。トイレってひとりで入るから、子どもの作品とか見てると懐古するんですよ。それがいいんですよね。
小ア小ア
これしかないと思うと、子どもも固執するんだと思うんです。うちはまた作れるよって、月1で子ども部屋も片付けていますよ。

──さまざまな角度から家に対するパパたちの思いをうかがったこの座談会も、次回は最終回。テーマは、ズバリ「理想の家」。パパたちの目指す理想の家のかたちについて語っていただきます。

戻る
このページのTopへ