1. ホーム
  2. パパの語らい
  3. 第2回「場所×家」
パパの語らい

第2回
「場所×家」

第2回のテーマは「場所×家」。パパたちが家の中で居心地のよい場所とは? パパたちの構想する家族との場所とは? パパたちがどんなところに居心地のよさを持つのか語り合っていただきました。

パパの部屋は必要? パパのリラックスできる空間は?

──ご自分の部屋をお持ちの方って、いらっしゃいますか?

西村西村
僕は自分の部屋っていうよりは、仕事場なんですよ。仕事が残っていたりすると、あんまり居心地がよくないんですよね。だから一番リラックスしている場所はリビングなんですが、家内がキーっとなってたりするときは(笑)、長男の部屋が逃げ場だったりするんですよね。
奥平奥平
自分の部屋ではないんですか?
西村西村
そうですね。自分の部屋は会社のようなものなので。長男と一緒に音楽聴いたり、末息子が長男の部屋に来てゲームやってるのを眺めたりするのが、リラックスしますね。
奥平奥平
お子さん、嫌がったりしないですか?
西村西村
まあ、こちらもムードは感じながら入るんですけど、音楽っていう共通の話題があるから大丈夫ですね。
安藤安藤
僕も一応部屋はあるけど、そこにいることはあまりなくて。最近のお気に入りはベランダ。休日の午前中に日向ぼっこがてら、子どもの上履きを洗ったり、金魚鉢の水を替えたり。もちろん音楽をかけながらね。
小ア小ア
僕も書斎を持ってますけど、ずっとそこにいたいと思いませんよね。仕事部屋でもあるし。やっぱり子どもたちと一緒にリビングでテレビ見たりしてるほうがいいですよね。
福田福田
僕はあまり家にいないから、僕の部屋にいつの間にか、子どものフィギュアを並べる棚が入っちゃって。
一同一同
福田福田
自分も一人でいたいとは思わないし、結局、子どもたちもみんなリビング集合って感じになっちゃいますよね。

──ご自分のお部屋をお持ちでない方は、自分の部屋欲しいと思われますか?

田中田中
そこまで切望してないですね。自分の部屋というよりは、僕は物置が欲しいな。
奥平奥平
本とかCDとかが家の中に散在してしまっているので、それをひとつの所にまとめて置ける書斎のような部屋があるといいですよね。うちは子どもが小さいので、家でのんびりするのは場所っていうよりは時間。子どもを風呂に入れた後に一人で入る風呂とか、トイレとか。
安藤安藤
そういう時間、大事だよね。
小ア小ア
子育てしてると、のんびりという概念ないですよね。うちも子どもが寝てから、ようやくママと30分くらい庭でお茶飲んで……くらいですね。
福田福田
子どもが小さいときは、可愛いけど逃げたくなるところもありますよね。でも、大きくなって子どもたちに構われなくなったら、寂しいと思ったりしますよ。僕なんて子どもに「今日おもしろかった話してくれー!」とか言って、昔はうっとうしいと思っていたおっさんに、自分がなっちゃってますもんね。
一同一同
爆笑

子どもとのコミュニケーションの場所

──皆さん、個室への願望があまりないのですね。ご家族と過ごされる場所がリラックスできる場のようですが、お子さんとはどこでコミュニケーションを取られますか?

西村西村
僕は先ほどもお話しましたけど、長男の部屋がそういう場所ですね。長男は高校生なので、母親とはちょっと話づらいこともあるみたいで。深い話もしますよ。
安藤安藤
子どもが大きくなって話をする場所として、物干し台があったらいいなと思ったりしますね。高いところって、悩みを打ち明けやすいでしょ? 星を眺めたりしながらね(笑)。
福田福田
上が抜けているって気持ちいいですよね。うちも屋上を作ったのはそういうところからで。でも、花火やったら近所から苦情が来ちゃったし、ひさしがないから夏は猛烈に暑くて(笑)。最近はあまり使っていないのですが、その時々の家族の中のトレンドで使い方も変わってくるでしょうね。僕は、娘とゆっくり話すのは、家ではなくて、買い物に連れ出したりして、その道すがらです。下の男の子には寝込みを襲ってこちょこちょとかできますけど(笑)、女の子はそうもいかなくなって。
安藤安藤
うちも娘が大きくなってきて、昔ほどスキンシップがなくなってきたから、空気を入れ替えるという意味で、散歩がてら外に連れ出して歩きながら話したりしますね。
小ア小ア
うちの場合は男3人兄弟だから、和室でプロレスが一番のコミュニケーションです。全員パンツ一丁で。ママはものすごく嫌な顔しますけど。
一同一同
奥平奥平
食事と風呂が子どもといちばん一緒にいる時間。ですから、子どもとのコミュニケーションの場は、自然と食事を取るリビングと風呂になりますね。
田中田中
うちも食事は家族で一緒に過ごすいちばん大きな時間になっているかな。僕がご飯を作るのが好きなんで、子どもに手伝ってもらいながら、キッチンで話をしたりしますね。でも、子どもは気まぐれで、手伝ってくれないときもあるんですけれど(笑)。

──パパたちのリラックス空間は、意外にも一人になる場所ではなくて、家族との団らんの場なのですね。そんなパパたちは、どんな季節行事を家で楽しんでいるのでしょう。次回のテーマは「季節×家」です。

戻る
このページのTopへ