1. ホーム
  2. papa@home with KIDS
  3. papa@ホームシアター
  4. Vol.7 古典アメリカン・アニメを実写で見よう「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」「フリントストーン/モダン石器時代」
パパと遊ぶ
おうちで一緒に観たい映像作品をテーマにそってご紹介 papa@ホームシアター 一緒に泣いて、笑って、感動して。親子のきずなを深めるひとときを。
papa@ホームシアター

Vol.7 古典アメリカン・アニメを実写で見よう「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」「フリントストーン/モダン石器時代」

──日本のマンガやジャパニメーションの人気は全世界レベルで広がっていますが、パパ世代の子ども時代には、アメリカ生まれのマーベル・コミック原作ものやハンナ・バーベラ・プロダクション製作の楽しいアニメ作品が、テレビでさかんに放送されていました。『トムとジェリー』『チキチキマシン猛レース』『大魔王シャザーン』『アダムス・ファミリー』などなど。あの『バットマン』や『スパイダーマン』も、最初はアニメで見たというパパも多いことでしょう。
ハリウッドでは最新のCG技術を駆使した、これらアニメの実写化作品が人気を呼んでいます。今回は、パパも知っている“あのアニメ”の実写作のなかから、秀作といえる2本を選びました。きっとお子さんとの会話が弾みますよ。

『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』〈新生アルティメット・エディション〉
Fantastic Four

『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』Fantastic Four
  • DVD価格 2枚組¥3,990(税込)[発売中 -08年2月現在-]
  • 発売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント
  • ©2008 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
  • 2005年 アメリカ 127分
  • 出演:ヨアン・グリフィズ/クリス・エヴァンス/マイケル・チクリス/ジェシカ・アルバ
  • 製作:ベルンド・アイヒンガー/アヴィ・アラド/ラルフ・ウィンター
  • 監督:ティム・ストーリー

あらすじ

科学者で宇宙飛行士でもあるリード(ヨアン・グリフィズ)は、人間の進化に多大な影響を与えたと考えられる宇宙嵐が地球に接近していることを突き止め、元恋人のスー、彼女の弟のジョニー、大学の同級生ベンらを伴って宇宙ステーションへと飛び立つ。ところが、宇宙放射線の荒れ狂う雲の中に巻き込まれ、その放射線を浴びてDNAが変化した彼らは、それぞれ特別な能力を身に付けてしまった。リードは身体がゴムのように伸縮自在になり、スーは自分の身体や物体を透明化し強力なバリアを発生させ、ジョニーは自らを発火させ空を飛ぶ能力を、ベンは皮膚が岩のように固くなり、怪力男へと変身した。たまたま遭遇した事故で人々を救い出してから、彼らのパワーは世間から注目されることとなり、彼らは、いつしか“ファンタスティック・フォー”と呼ばれるようになっていた・・。
マーベル・コミックのSFスーパーヒーローものとして1961年に発表され、67年にはハンナ・バーベラ・プロダクションによってTVアニメ化された。邦題は『宇宙忍者ゴームズ』。69年から日本でも放送され、人気を博した。実写作品は本作ののち、第2弾として『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』(2007年)も製作された。(同作もDVD発売中)

おすすめワンポイント

この作品の魅力は、1961年という年に連載開始されたコミックが原作だからといっても過言ではありません。60年代は世界的なSFブームでした。アメリカは月面着陸に成功し、高度成長の真っただ中。このすてきな4人(Fantastic four)は、変身ヒーローの先駆け的存在なのです。
本来ならスーパーマン一人でも良さそうなものですが、4人はそれぞれの特殊能力をもって悪に立ち向かいます。実はこの作品には、「家族愛」というテーマが内包されているのです。人間一人より二人、二人より家族ということでしょう。ときに仲たがいしたりしながらも、互いの絆を意識し協力しあう運命共同体。さて、あなたの家族はどうでしょうか。それぞれどういう良さがあるか、確かめてみてください。

『フリントストーン/モダン石器時代』
The Flintstones

『フリントストーン/モダン石器時代』The Flintstones
  • DVD価格 ¥1,500 (税込)[ユニバーサルコレクション キャンペーン、08年2月14日発売]
  • 発売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 1994年 アメリカ 91分
  • 出演:ジョン・グッドマン/エリザベス・パーキンス/エリザベス・テイラー/リック・モラニス/ハル・ベリー
  • 製作:ブルース・コーエン
  • 監督:ブライアン・レヴァンド

あらすじ

自然と文明が共存する石器時代。ベッドロック・シティにある採石会社に勤めるフレッド(ジョン・グッドマン)は、妻ウィルマ(エリザベス・バーキンス)の母パール(エリザベス・テイラー)にやり込められ、肩身の狭い毎日を送っていた。フレッドはそんなパールを見返すため、会社の昇進試験に挑戦。隣家のバーニー(リック・モラニス)に助けてもらい、何とか合格したフレッドは有頂天になるが、すべてはイジワルな上司のワナだった・・。
ハンナ・バーベラ・プロダクションのTVアニメ作品『原始家族フリントストーン』(1960年)のキャラクターイメージをそのまま生かし実写化したファミリー・コメディ。本作ののち、第2弾として『フリントストーン2/ビバ・ロック・ベガス』(2000年)も製作された。(DVDは08年2月14日発売)

おすすめポイント

この作品の元になったハンナ・バーベラ・プロダクションが制作した1960年のアニメシリーズは、テーマ曲を含めて、パパ世代にはたまらない懐かしさに満ちています。それほど日本のテレビでも繰り返し再放送されていたのです。高度成長時代が過ぎ、人間の気持ちが原始への憧れを呼び覚ましたのでしょうか。この名作アニメは実写版として再び陽の目を見たのです。
設定は原始時代ですが、この作品ではやることなすこと、現代のサラリーマン社会をユーモラスに描いています。見方を変えると、パパとママの仕事がこれほど子どもに伝わる映画はないかも知れません。新聞は石でできていて、水洗いは象の鼻から出るシャワー。パパが仕事に行く足は、やたらと重そうな足漕ぎ自動車のようなものだからたまりません。「ヤバダバドゥー」と雄叫びをあげたくなるのも人情です。ナンセンス・コメディとして大いに笑うのも良しですが、便利さに慣れすぎて、パパとママに日頃の感謝の心を忘れている子どもたちにぜひ見せてあげてください。

  • 印刷する
戻る
このページのTopへ